ハンドメイド


by fukka50
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

スパンコール作品

元気な80歳の知人から、バッグを作って、と長いことたのまれていました。「和風の六角柄で、
おさいふとスマホが入るサイズ。首からかけられるようにひもつき金具もつけて。でもはずしたら
和服のときもつかえるモダンなバッグが欲しいのよ~」・・・欲張りすぎ!!と思っていましたが、
とりあえず大きさを測るために小さなバッグを編んでみました。

c0240112_15271989.jpg


大きさは14×28cm。5cmのマチを入れました。ファスナー開閉。

c0240112_15275092.jpg


表と裏を編んだら、裏の最後・上端からマチに移ります。網目を立ち上げてタテ・ヨコ・タテと
5往復します。最後はマチと表をくさり編みで縫い合わせます。(矢印はマチの編み方向)

わたしのお出かけグッズはこれにキチッと収まりますが、首から下げるには重すぎる。
あまり小さくすると着物とのバランスがあるしな~、と頭をかかえています。
とりあえずわたしは試作バッグをさげて忘年会へ。ジビエ料理おいしゅうございました。

c0240112_15281927.jpg

これはグループ展のお客様の注文でつくった金×金のスパンコールの小銭入れ。金のレース糸が
見つからず、極細のまつり糸で編みました。かぎ針は0号サイズ。目が、肩が死にました~。

c0240112_15284875.jpg

ここまでつかったスパンコールを紹介します。右6つはセンターホールといわれる一般的なものです。
奥の2つはべっ甲型押し。光が乱反射するギラギラタイプ。真ん中も似ていますが、左のピンクは
お椀型、右は平面です。下2つは、最近出ている丸くないスパンコール。小さいながらも雰囲気ある味がでます。左の金の大小は、トップホールといわれる種類です。
いま、スパンコールは国内では生産されていないそうです。海外からの輸入が中心なので、日本製のようなレベルを期待しないでください、とビーズ屋さんからのこぼれ話。

c0240112_15291610.jpg


バッグどうしよう~と考えながらモニョモニョこんなものが増えました。ツリーにでも飾るかな。
このナマコシリーズやボンボンは編んでて楽し~。
バッグも作らなくちゃいけないけど、最近ひも結びから遠く離れてしまって気になっています。
大人になっても宿題ですネ~。

 ★fukkaのハンドメイドshopは http://fukkafukka.shop-pro.jp/
[PR]
by fukka50 | 2016-12-14 16:14 | 手芸 | Comments(0)