ハンドメイド


by fukka50
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

磐結のつくり方


磐結のつくり方を教えてほしいと
ご要望があったのでアップしま~す。
ですが、長いです。
最後までついてきてくださいネ!

c0240112_19330205.jpg


1・7×7cmの正方形を5mmきざみで
図形を描いています。
この2辺があればOKです。


c0240112_19341653.jpg

2・右側からつくります。
緑ひもをこのように置いてください。

3・ひもの先をひもの間に入れます。

c0240112_19345683.jpg


4・後からくるひもを上にします。

c0240112_19352761.jpg


5・緑の1番右端に黄色ひもをのせます。

c0240112_19362516.jpg


6・緑の1番先端の輪に入り、
緑ひもの下を通って元にもどります。

c0240112_19372970.jpg


7・次は緑ひもの間を通ります。
これも上を通り、緑ひもの下を通って
元にもどります。

c0240112_19375617.jpg

8・2こ黄色の輪を追加します。

c0240112_19382997.jpg


この図のほうが分かりやすいかも・・
(實用中国結)より引用

c0240112_19400940.jpg


9・次は緑ひもの端に

黄色ひもを通します。
緑ひもの輪の中を通ることに注意。
下を通って戻るときも

緑ひもの中を通ります。

c0240112_19412499.jpg


10・2本めもおなじです。
L字の角を見てください。互い違いの
きれいな平織になっていますか?


c0240112_19420653.jpg


(實用中国結より引用)
この本は作り方紹介が目的なので、

著作権にひっかかる可能性があるため
全てを載せることができません。
実物でご了承ください。

c0240112_19424982.jpg

11・ひもの端を緑ひもの輪に通します。

c0240112_19431244.jpg


12・反対側の輪をくぐったら
黄色ひもの下、緑ひもの中をくぐり
元にもどります。

c0240112_19434614.jpg



13・お隣に移動します。
これも12とおなじ繰り返しです。
これで結びの左が完成。

c0240112_19441701.jpg

14・次は右側です。
このとき注意するのは、ひもを結ぶ
ことで互い違いの平織に
なっているか、どうかです。

c0240112_19445655.jpg

15・こちらも2回くりかえして完成。

c0240112_19452704.jpg

16・全体はこんな感じです。
このときチェックするのは、
裏もすべて平織になっていますか?
裏を通るとき、どのひもの下を
通るか分かりにくいので、
ついついひもをくぐり損ねます。

c0240112_19460737.jpg

15・ひもを引き締めたら完成。
何度か練習して自信がついたら、
1色のひもでもやってみてください。


ひもを引き締めるときは
マチ針をきわきわに刺したまま
ひもを引きしめてください。
針をはずして締めるといびつな形に
なりやすいので要注意です。
では、検討を祈る!


~追記~
ひも結びの教本をさがすとき、
わたしはamazon japanではなく
amazon chinaをさがします。
「中国結」「紐結」などのキーワードで
検索するといろいろでてきます。
中身が見れないのが不満ですが
初級編や入門編という漢字を
頼りにしています。
ご参考まで。



★fukkaのハンドメイドでは
「ひも結び初級編」のCDを販売しています。






[PR]
# by fukka50 | 2017-12-12 20:32 | 手芸 | Comments(2)

磐結(バンケツ)バッグ


c0240112_13453121.jpg

できました。ヨロヨロ・・バタン
磐結(バンケツ)信じられないくらい
難しかった。
でも形になったら頬づりしたいくらい
カワイイです。

c0240112_13445422.jpg


蓋をあけるとこうなってます。
小さなポケットつき。
4cm幅のマチが入っています。

c0240112_13442056.jpg


実は、このアジャスターを見つけたので
黒いチェーンにしました。

3cm大の黒色は珍しいんです。
ここで会ったのも何かの縁、と
これを握ってチェーンコーナーへ
走りました。


c0240112_13435110.jpg


これは残り毛糸でチャームを。
黒とのつながりができるよう
黒毛糸を混ぜて模様にしています。

c0240112_13432187.jpg


これが今回の磐結です。
本当はもっと連続するつもりでしたが、
わたしは3つが限界。
1か所ひもを引くと全体を一周するので
ヨロヨロになりました。

ヒッ!とかギャッ!という失敗の叫びに、

賽の河原で石を積む子供の気分(涙)

c0240112_13124185.jpg

教本を数年眺めていましたが、
右端の3色のをつくってみて、
たぶんこうやって正方形にするのでは?
と思いつきました。
LとLの結びを組み合わせて
四角にしています。


右左の結びの中央はメファですが
結びが逆回転になるように
結びました。
真ん中はご存知クッカですね。


磐結というのは中国結びですが、
韓国でもハングル文字をつくったり
アチコチに応用されています。


でもわたしはアジアではなく
北欧風にしたかったの。
四角のゆがみでがまんできない部分が
ありますが、完成したから

まずまずということにしよう。
磐結はこの冬の宿題デス。



★fukkaのハンドメイドでは
「ひも結び初級編」のCDを販売しています。




[PR]
# by fukka50 | 2017-12-05 14:13 | 手芸 | Comments(2)

平井・グループ展

昨日の今日で慌ただしゅうございます。
今回のグループ展に
わたしは出品していませんが、
撮影&宣伝を仰せつかったので
ブログにもアップします。
お暇な方はぜひ寄ってみてください。

c0240112_13080487.jpg



今回はガラス作家たちが全員
すごい上達ぶりでした。

c0240112_13114351.jpg



こんなのや

c0240112_13093978.jpg

こんなお皿。
お刺身を盛るとカッコイイかも。
すでに予約が10点ほど
入っていました。

c0240112_13104979.jpg

のけぞったのはコレ(笑)
クラゲのペーパーウエイト。
よく見ると目、口がある。
なぜかカワ(・∀・)イイ!!
これも売約済みでした、が
注文すれば制作してくれます。


この他にも陶芸、版画、布もの、
アクセサリーetc 力作が満載でした。


一応使命を果たして帰宅・脱力~。
ホリゾント(背景B2サイズ)10枚
担いでの移動はつらかった。


今日はまたまた<磐結>にトライ。
マチバリの林をさまよっています。
今年中に完成できますよ〜に。

c0240112_13122233.jpg


★fukkaのハンドメイドでは
「ひも結び初級編」のCDを販売しています。




[PR]
# by fukka50 | 2017-11-26 13:28 | 手芸 | Comments(0)

磐結 (バンケツ)

勤労感謝の祝日は東京へ。
イタリア留学中おせわになった家の
女将さんの帰国(ご主人がイタリア人)で
食事会


c0240112_10013103.jpg


この日はプリモピアット(前菜)と

ワインからはじまって
チーズ・温野菜・サラダ・パスタ2種類
タラのトマト煮
コッツェ(ムール貝と巻貝のイタリア風)
カキのそば粉焼き
グラッパのボンボンとエスプレッソ
のメニュー。

最近鍋料理ばかりだったので
イタリアン食べるのも体力が必要。


c0240112_10014948.jpg

彼女が女将のトモコ・コンドウ・TUDINI
この時はフルコースを料理し終えて
疲れ気味ですが普段はオシャレに
うるさいイタリアマダムです。
ローマのテルミニ駅から徒歩2分の
ところにレストランがあります。
B&Bも現在8軒経営中。
ローマに行かれる方はぜひご利用ください。
ローマ TUDINI で検索できます。

20代の頃わたしはここんちに住み込んで
当時1歳の息子のお世話をしながら
学校にかよっていましたが、
いつのまにかレストランの厨房で
ピザを焼くようになりまして(笑)
帰国時にはのれんを分けてもらいました。


イタリアは愛して食べて人生を
謳歌せよという国です。
そこにいたのに彼もつくらず、
帰国してからも結婚しないわたしに
業を煮やした女将は
わたしの実家にイタリア男を
送り込んできました(笑)
たまたま同じ近藤ですが他人です。

ですので主人と婚約したときは
ちゃ〜んと連れて行きましたよ。
夫婦で祝福してくれました。

c0240112_10005885.jpg

なんとなくうちにイタリアものが
多いのはこういうわけです。


わたしはイタリアはあくまで
デザインの勉強や就職が目的だったので
男性はまったく眼中に
なかったんですが、
今考えるとチャンスは活かすべき
だったと反省しています。


いい条件の男性をつかまえて
楽をするということではなくて
置かれた場所で精いっぱい生きよ、
という意味です。
命短し恋せよ乙女でしたね。


昨日は縁のある人たち
15人と飲んで食べてしゃべって
頭空っぽになって帰宅しました。

c0240112_10000401.jpg

さてわたしはわたしなりに
人生を生きてるわけだ。

c0240112_09593746.jpg

これは〈磐結・バンケツ〉
頭では構造をすぐ理解できましたが
実際やるとこれほど引き締めが
むずかしい結びはありませんでした。


土台が出来たら縫製スタート。
イタリア料理で補充したエネルギーで
つぎの作品へGO!
こうして人生は続くのであります。


★fukkaのハンドメイドでは
「ひも結び初級編」のCDを販売しています。





[PR]
# by fukka50 | 2017-11-24 10:52 | 手芸 | Comments(0)

ナイトミュージーアム

上野の森、19:00。真っ暗。
岡野エマさんのお誘いで夜の「運慶展」に
行ってきました。
上野の森でオロオロウロウロ・・

c0240112_11331624.jpg


東京国立博物館・平成館にて開催

c0240112_11333535.jpg


撮影禁止なので像をお見せできませんが、
すごかった〜。
眼に使用されている水晶の構造が

現在のコンタクトレンズと
ほぼ同じ状態。
約900年前にこれができたとはビックリ。


でも1番すごかったのは北インドの兄弟僧像。
その表情が・・・(私)うっ!と泣きながら

「お坊様、どうかお救けください」と
すがりついたら「すまんな、わたしが
非力なばかりに・・」と泣かれそうで
こちらが涙が出そうになりました。

(妄想が暴走するタイブでして・苦笑)


しかしこころ洗われる夜でした。
運慶展は11月26日まで開催されています。


c0240112_11335826.jpg



★fukkaのハンドメイドでは
「ひも結び初級編」のCDを販売しています。



[PR]
# by fukka50 | 2017-11-08 12:02 | 手芸 | Comments(0)