ハンドメイド


by fukka50
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

センチョク飽きました~。ということで今回は、和の結びをご紹介します。
これは<真の「封じ結び」>といいます。これがおもしろいのは結び方を
知らないと、ほどけないことです。ムリヤリほどいても、結び直すことは
かなり難しいとおもいます。
c0240112_1234620.jpg


c0240112_1234292.jpg

中身は、青磁の薬入れです。11年前プサンに行ったとき一目ぼれして
購入したのですが、古新聞に包んでわたされたのでビックリ!その後、
帰国して開けてさらにビックリ。立派なト書きのついた桐箱に入れられて、
「柳 海剛」という日本の無形文化財にあたる人物の作品であることが
書かれていました。当時、物価が日本の1/11。ふふふラッキーでした。
[PR]
by fukka50 | 2012-05-31 12:12 | 手芸 | Comments(0)
さて、十字架も今日で完成です。
c0240112_1143503.jpg

センチョク結びの向きをそろえるために、いつもと左右逆で結びます。
c0240112_1144261.jpg

といってもそうむずかしくないでしょ?
c0240112_11443097.jpg
c0240112_11451992.jpg

今回は左ひもを上から下に通します。
c0240112_11455493.jpg

その左ひもを上に持ち上げて、井桁ができたら・・・
c0240112_11463291.jpg

あとはひきしめ。
c0240112_11464751.jpg
c0240112_1147399.jpg

完成~!おつかれさま。ピンボケ、スミマセン。
ここまで結べるようになったら、目印のないひもで試してみてください。

 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  

センチョク結びにはまだまだいろいろな結び方があります。
これは右が「枝方結び」、左は「中ぬき」と呼んでいます。 
c0240112_11473220.jpg

[PR]
by fukka50 | 2012-05-30 11:58 | 手芸 | Comments(0)
今日もひきしめ作業です。結びは、このひきしめが大きなポイントです。
「十字架」も以前ご紹介した「センチョク横3つ」と同じなので、今回は左側
だけやります。
先日クッカを習ったとき、師匠はまず結びを固くしめて形を整えてから余分なひもを移動させていました。わたしは固くしめるとひっぱりにくくなるので
ゆるい段階でひもを移動させていましたが、言われる通りにするとキレイに
出来ます。やっぱりプロに習ってみるもんだな~と感心。
c0240112_1113088.jpg

右をしめ終わったところからスタートします。
c0240112_1114857.jpg
c0240112_112437.jpg

何も言うことはありません。無我の境地でひっぱる、ひっぱる、ひっぱる・・
c0240112_112232.jpg
c0240112_1124580.jpg
c0240112_11325.jpg
c0240112_1132832.jpg

もし色糸(目印)がなかったら?
c0240112_1134869.jpg

・・・なんてことも考えてみてくださいね。
c0240112_114574.jpg
c0240112_1142524.jpg

逆行したらやり直すのみ。これも経験。
c0240112_1151086.jpg

c0240112_1153060.jpg

左がわ終了~。だけど十字架は、もう1段階あります。

 
 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  

留め金は「カラッジ・あわじ玉」と「まとめ結び」でひっかけを作りました。
これからの季節にいかがですか?
c0240112_116127.jpg

[PR]
by fukka50 | 2012-05-29 11:43 | 手芸 | Comments(0)

センチョクの十字架

さてさて今日はセンチョクの十字架をやってみましょう。
(これも韓国名わからず・汗・スミマセン)
c0240112_161497.jpg

今回作る「十字架」のチョーカーです。1番見せたい結びがふっとんでます。
明日、もう1ど撮影し直しますデス。白はむずかしいのだ。
c0240112_163635.jpg

イエローのひもに衣替え。結びと結びの間は約10cmあけます。
c0240112_164924.jpg

結び方はセンチョクとまったく同じなので今回はところどころ省略します。
c0240112_1652064.jpg

いつものように右ひもを輪っかにひっかけて・・
c0240112_16155649.jpg

いつものように左ひもを輪っかに入れる準備。
c0240112_1664740.jpg
c0240112_16734.jpg

緑の結びにぶつかるまで右ひもを下に引きます。
c0240112_167233.jpg

下に突き抜けた右ひもをドッコラショと上にあげて中心を引き締める。
c0240112_1674780.jpg

できるだけ余ったひもを締める。これは上下ひっくり返して裏返しした状態。
(逆さまでも表むきでもOK) 今日はここまで~

  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

c0240112_16102150.jpg

以前ご紹介したサンポのつまみ部分に付けました。これもカワイイでしょ?
[PR]
by fukka50 | 2012-05-28 12:32 | 手芸 | Comments(0)

ロダン・メドゥップ教室

勝手に、師匠と慕っている<ポシャギ布やロダン>さんのメドゥップ教室に
参加してきました。これはわたしの2年来の夢でした。
何回やってもできなかったクッカ(玉房結び)が、ほんの数回の指導で
魔法のように完成。いやいやこれには感動しました。うれしかった~。
c0240112_1024132.jpg

ご本人の承諾を得ていないので、アトリエについてご紹介できませんが、
近所を散歩してみたら知的な香りがするとても気持ちのいい場所でした。
趣きのある木造家屋が残っているので、近くまで行ってみたら、ナント!
国語辞典で有名な金田一京介先生のお宅でした。
c0240112_10243399.jpg

※アトリエ教室は<ポシャギ布やロダン>のHPから申し込みできます。
  メドゥップ他、ポシャギ教室も行われています。
[PR]
by fukka50 | 2012-05-26 18:05 | 手芸 | Comments(0)
さて、いよいよ終盤に入ってきました。
まだまだ引き締め作業はつづきます。途中、堂々めぐりをしているのでは?
と不安になることもありますが、もとは1本のヒモなので、どこか引っ張って
いれば必ず完成します。さ、ファイト!
c0240112_11382089.jpg
c0240112_11384179.jpg

後ろに向けてひっぱります。
c0240112_1139283.jpg

つぎはどこにつながっているのか、よ~く観察。
c0240112_113920100.jpg
c0240112_11394237.jpg
c0240112_1140226.jpg
逆行してないか不安になったら、色糸の位置を目安にしてください。
c0240112_11402051.jpg
c0240112_1140368.jpg
c0240112_1141086.jpg
c0240112_11412143.jpg

さていよいよ右のセンチョクから中央に移動です。
c0240112_1142461.jpg
c0240112_11423375.jpg

お、ゴールが見えてきました。
c0240112_11425362.jpg
c0240112_1143134.jpg

完成~!おつかれさまでした。
c0240112_11435966.jpg

横3つはたぶんこういう使い方をするものです。
「横3つ」というのは正式な韓国名が分からないので、わたしが勝手に
つけた名前です。どなたかご存知の方、教えてくださ~い。

 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  

センチョクの最終目標はこの「ソクシメドゥップ」です。ここまでご紹介したい
のですが写真が100コマ超えそうでう~ん・・
c0240112_11443166.jpg

[PR]
by fukka50 | 2012-05-25 12:06 | 手芸 | Comments(0)
さぁ、今日はあまったヒモの引き締め作業で~す。
結び方の本には、「引き締め」について書かれたものがないので、今回は
細かく写真をのせます。ちょっと根気がいりますが、挑戦してください。
c0240112_1834121.jpg

余った部分を下のヒモに移動させるので、まず1番遠い中央部分から。
c0240112_18342175.jpg
c0240112_18343611.jpg

右のセンチョク結びに入ります。
c0240112_18345318.jpg
c0240112_18351488.jpg

ヒモの先がどこにつながってるか確認しながら引っ張ってください。
c0240112_18353133.jpg

センチョクは2層構造になっているので、前・後ろ・前・後ろとひっぱります。
c0240112_18355046.jpg
c0240112_1836851.jpg
c0240112_18362456.jpg

いつか終わる、いつか終わる・・・
c0240112_18364235.jpg
c0240112_1837918.jpg
c0240112_18373298.jpg

お、ゴールかな!?と思うでしょ?だけど次は花びら部分も動くんで~す。
c0240112_18375161.jpg
c0240112_183810100.jpg

基本、1つの結びは2周するものと思ってください。
c0240112_1838248.jpg

ふぃ~、今日はここまでにしましょう。明日は完成だ。

 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

 
「センチョク横3つちゃ何ね?」と質問がきました。そういえば知らないよね。スマナンダ。今つくろうとしてるものの完成品をアップします。
c0240112_18532269.jpg
  
[PR]
by fukka50 | 2012-05-24 19:00 | 手芸 | Comments(0)

センチョク・横3つ

「シーズンⅡ・スタートのWELLCOME リースは何でつくったの?」と
質問が続きました。
土台は「ズバナ」という道路わきの草の穂、丸い綿毛はタンポポです。
知恵袋だった母の叔母が「ズバナはなめると甘い」と言ったことがあり、
なぜ道端の草をなめる!?と子供心におどろいた記憶があります。
で、ふと思いついたのがセンチョク。
これはカタバミの花に例えられる結びですが、別名・酢奨草結びとも
いいます。(奨の字は、大でなく水つくりですが、中国漢字なので失礼)
もしかしたら、カタバミはなめたら酸っぱいのかも・・・?
ということで今回はカタバミ→センチョク結びの応用をアップします。
c0240112_10131712.jpg
約15cmほど間をあけてセンチョクを2つ結んでください。白糸が中央です。
c0240112_10142984.jpg
片手で撮影するとピンボケもあり・・・
c0240112_10151765.jpg
c0240112_10153318.jpg
右手に持ち替えて、左ひもの準備。
c0240112_10155786.jpg
落ち着いて、落ち着いて。以前ご紹介したセンチョクと同じやり方です。
c0240112_10161866.jpg
c0240112_10163330.jpg
c0240112_10165573.jpg
c0240112_10172075.jpg
右ひもを上に持ち上げる。左(水色)の結びがひっくり返っても大丈夫。
c0240112_10173539.jpg
ひもを四方にひきしめて第1段階、完成です。
c0240112_10174864.jpg
グルッと上下ひっくり返します。できましたか?今日はここまで。

  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★
c0240112_1047843.jpg

※センチョク結びには「向き」があります。
右が「人型」、左は「入る型」(あげまき、と呼ぶ人もいます)
最初は気にせず、完成することを優先してください。だけど慣れてきたら、
この向きに注意。すべて同じ向きのほうがきれいな作品になります。
[PR]
by fukka50 | 2012-05-23 10:37 | 手芸 | Comments(0)
c0240112_16255575.jpg

これは銀糸2本取りで、上から下まですべてあわじ結びです。
ボディの部分は「あわじつなぎ」という方法で作りました。

c0240112_162703.jpg

これが底の部分です。「あわじの花」も結構きれいでしょ?
[PR]
by fukka50 | 2012-05-21 08:46 | 手芸 | Comments(0)

あわじ結び

身近すぎてご紹介を忘れていました。
「あわじ結び」は、中国では「双銭結び」といいます。
お金がダブルで来るという縁起物。のし袋の水引きとおなじ形です。
シンプルなだけに、ひもの上下をまちがうと完成しないので要注意。
これは日・中・韓、共通の結びなのでぜひおぼえてください。
c0240112_1536377.jpg
c0240112_15362539.jpg

右ひも(緑)を上にのせ、わっかを1つ作ります。
c0240112_15364487.jpg

その上に、2つめのわっかをのせます。
c0240112_153782.jpg

左ひも(水色)の下をくぐり、左上から右下に向かって上下します。
c0240112_15372781.jpg
c0240112_15374577.jpg
c0240112_1538355.jpg

これであわじ結び完成。
c0240112_15382145.jpg
ここで気づいた人はエライ!このまま四葉型にして2周すると以前ご紹介
したカラッジ(あわじ玉)になります。
c0240112_1539162.jpg
c0240112_15393127.jpg

[PR]
by fukka50 | 2012-05-20 16:01 | 手芸 | Comments(0)