ハンドメイド


by fukka50
カレンダー

<   2012年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

指ぬき&お仕覆・9

指ぬきは簡単!たのしい!と言ったからにはつくらなくちゃ、と思ったの
ですが、型紙の部分でつまづきまして、作り方は来週ご紹介しま~す。
c0240112_1141457.jpg
c0240112_11414076.jpg

以前、書いた3色のお仕覆です。色ごとに右まわり、左まわりと苦戦して
結んだのに、並べたら3つとも同じ。区別する必要なかったってこと!?
[PR]
by fukka50 | 2012-06-29 11:50 | 手芸 | Comments(0)

指ぬき&お仕覆・8

指ぬきにはまりました。アッという間にできて、これは楽しい。
c0240112_1171872.jpg
c0240112_1175487.jpg

気がつけば、ピンク×こげ茶。実はサンポにもこの色の組み合わせアリ(笑)
お仕覆は、もう1色(合計3つ)あります。それぞれ右まわり、左まわり、と
区別してつくったつもりが、イザ並べてみたら、み~んな一緒。どして!?
[PR]
by fukka50 | 2012-06-28 11:20 | 手芸 | Comments(0)

はぎ方・2

なんでこんなに縫い目が汚いんだろう?と悩み、オーガンジーからモシ(麻)
に変更しました。生地はちがえど縫い方は同じなので、参考にしてください。
c0240112_1054294.jpg

黄色がくるむ側なので縫いしろ1cm、紫がくるまれる側で縫い代5mm。
へらで印しをつけて指アイロンで折っておきます。
c0240112_10541530.jpg

これも布同士は背中あわせで巻きかがり縫いをします。
c0240112_10543039.jpg

全部縫い終わった状態。
c0240112_10544763.jpg

黄色の縫い代を半分に折ります。
c0240112_10545929.jpg
c0240112_10551119.jpg

紫の縫い代をくるんだ状態。
c0240112_10553480.jpg

黄色の縫い代とおなじ高さの紫の山をつくります。これも指アイロン。
c0240112_10554716.jpg

こんどは山のてっぺん同士で巻きかがり縫いをします。
c0240112_10554914.jpg

縫い終わってひろげると・・
c0240112_10562567.jpg

2列の縫い目がならびます。
c0240112_1056307.jpg

表から見たところ。縫い代の処理は3種類にわけられます。
なみ縫い→なみ縫い、なみ縫い→巻きかがり、巻きかがり→巻きかがり。
巻きかがりは大変ですが、縫い代が1ばんきれいになる方法と思います。

 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  

c0240112_11523091.jpg

長いこと<コースター>を見てくださってる方、ありがとうございます。
以前は3枚しか載せませんでしたが、今回、残り2枚もご紹介します。
へらでゴシゴシ印しをつけたあとが洗っても、アイロンかけてもとれません。
こうならないように、へらはスッと1回で決めましょう、という例です。
[PR]
by fukka50 | 2012-06-27 11:28 | 手芸 | Comments(0)

はぎ方

ポジャギでウワ~!と思うのは、1つは透明感、もう1つは裏表がない
ことではないでしょうか?きょうは薄物のオーガンジーで布のはぎ方を
やってみましょう。
c0240112_11363544.jpg

まず「なみ縫いはぎ」をやります。2つの布を1cmずらしてピンを打ちます。
紫の上からに5mmの位置にチャコでしるしをつけ、そこをなみ縫いします。
c0240112_11364925.jpg

ピンクの1cmの縫い代を2つ折して紫をくるみます。和風の3つ折とおなじ
要領です。
c0240112_1137370.jpg

3つ折して端をさらになみ縫いします。この場合、ピンクでくるみましたが、
紫を多く残して、紫でくるんでも、どちらでもお好み次第です。
c0240112_11372483.jpg

これは表から見た状態。これも裏をだすか、表をだすかは自由です。
※はぎ方にはもう1つ「巻きかがり縫い」がありますが、これは次回。
c0240112_11374437.jpg

私の作品。完成まで今しばらくかかりそう・・・

 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  
c0240112_1138724.jpg

これはつくり出したら結構はまる!ポジャギの指ぬきですが、かたいので
これを作るための指ぬきが必要でした。
[PR]
by fukka50 | 2012-06-26 12:02 | 手芸 | Comments(0)

携帯ストラップ・2日め

きょうは携帯ストラップを完成させましょう。
c0240112_11334415.jpg

先週、ここまで準備しましたね。久しぶりに縫い物をしたら縫い目ガタガタ。
ヒョエ~ですが、縫い方のみ見てください(汗)
c0240112_11335846.jpg

これも中表で周囲を巻きかがり縫い。1辺は綿詰め用にあけておきます。
c0240112_11341731.jpg

縫い終わったら表裏をグルッとひっくり返します。
c0240112_11343812.jpg

目打ちなどで四角の角をきれいにひきだします。
c0240112_11344791.jpg
c0240112_113579.jpg

四角の角にもしっかり綿を詰めてださい。
c0240112_11351637.jpg

のこりの1辺を縫います。ここはふつうにかがり縫いをしてください。
c0240112_1135372.jpg
c0240112_11354684.jpg

縫い終わったら糸をストラップの金具に2,3回ひっかけます。
c0240112_113641.jpg

ひっかけた糸をまとめるように糸を巻きつけていきます。
c0240112_11361327.jpg

玉止めをして見えないように布の中にいれて糸をカットしたら完成。
c0240112_11365455.jpg

小さなポジャギをつくるときは、ひっくり返すのが大変なので、最初から
外表にして周囲をかがり縫いしてもいいとおもいます。

 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★
c0240112_11532060.jpg

c0240112_22341399.jpg

よく降りますね~だけど晴れたら夏日。この時期から帽子が必需品です。
これは黒いリボンがついていたのですが、わたしにはちょっと重すぎるので
ひもに変えました。結びはクッカでアクセント。ちょっといいでしょ?
[PR]
by fukka50 | 2012-06-25 12:10 | 手芸 | Comments(0)

携帯ストラップ

 今日は携帯ストラップづくりで、ポジャギの縫い方を練習しましょう。
※前回、材料が抜けていたり、縫い方も片手ではわかりにくいので編集
  しなおしました。
c0240112_1155716.jpg

材料はモシ(麻布)5色、ストラップ金具、パッチワーク用糸、化繊綿です。
c0240112_1164666.jpg

道具は15cmものさし、へら、針は日本針の「四の二」というサイズです。
c0240112_116266.jpg

まず柔らかい布を下敷きにして布に型をつけます。この時、へらは1回で
印しをつけること。ゴシゴシこすると布が傷みます。
c0240112_1171676.jpg

出来上がりにすべて線をつけたところ。
c0240112_1165591.jpg

指で線のとおり折っていきます。
c0240112_117449.jpg
c0240112_1172778.jpg

親指とひとさし指で針穴を下から持ち、外から自分に向かって刺します。
布は縫い代が外になるように、表面が内側になるように持ちます。
この縫い方はむずかしいですが、巻きかがり縫いがきれいに縫えます。
c0240112_118189.jpg

右上にむかって斜めに糸がわたるように縫います。
c0240112_118535.jpg

裏は斜めですが、表はツクシのような直線が並びます。このステッチの
長さや間隔が一定になるように。わたしも大きな課題でありマス。
c0240112_119534.jpg

ストラップの1番小さなパーツどうしを縫い合わせた状態。
c0240112_1185284.jpg

これも表を背中あわせにして巻きかがり縫いをします。
c0240112_119511.jpg

4色の布をつないで、裏布の準備ができたところ。今日はここまで。
麻布が手に入らないときは、綿でも絹でもOK。まずは、針の持ち方と
巻きかがり縫いの練習をしてください。

 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

c0240112_11102275.jpg

これは巻きかがりの練習でつくったコースターです。ポジャギはあえて糸を
みせてポイントにすることがあります。これは黄色の糸をつかいました
[PR]
by fukka50 | 2012-06-22 12:08 | 手芸 | Comments(0)

ポジャギ

久しぶりにポジャギ登場。
わたしのポジャギとの出会いは、金 賢姫さんの「ポジャギ POJAGI」と
いう本でした。彼女の作品は色がきれいですね~。ホレボレ。
パッチワークなのに、なぜ裏表がないのか分からないまま、エイ!ミシンで
たたいてしまえ、と作ったのがコレ。なんせせっかちなもので・・・
c0240112_10581461.jpg

その後、韓国観光公社に通うようになり、初めてポジャギの縫い方を習い
ました。これが第1号作品の携帯ストラップです。サイズは3×3cm。
c0240112_10583769.jpg

この時、針の持ち方から教わりましたが、まるで逆上がりの逆手みたい。
日本の運針とはまったくちがいますが、ポジャギは巻きかがり縫いなので、
長くやるには、このほうがいいんでしょうね。
・・・という話を眼科医の友人にしたら「手術もみんなそうよ。」というから
ビックリ。いまの医学はドイツから来たものでしょうに。
そんなこんなで、簡単にできそうで、できない韓国手芸でありますが、
「千里の道も一針から」。あきらめずに小さな作品からコツコツご一緒に。
[PR]
by fukka50 | 2012-06-21 11:17 | 手芸 | Comments(0)

耳つきトレ

今日はトレの応用編です。ちょっとむずかしいところがありますが、これが
できると作品の幅がグ~ンと広がります。
c0240112_1026243.jpg
c0240112_1027164.jpg

最初はトレとおなじようにひも2本そろえて持ちます。
c0240112_10271170.jpg

青ひもを手前から向こうにむかって1周。
c0240112_10274570.jpg

輪の中をとおります。
c0240112_10273638.jpg

c0240112_1152431.jpg

下にも輪をつくります。
c0240112_10332831.jpg

目印に、上の輪に赤糸をつけました。 
c0240112_10281268.jpg

ここからが注意。青ひもの輪を上下360度回転させます。輪がゆるまない
ようにしっかり中心をもってまわしてください。
c0240112_10284611.jpg

まわし終わった状態。
c0240112_10283513.jpg

輪の根元にみえている白ひもを引き出します。この向きをまちがえないで。
c0240112_10291335.jpg

次は白ひもを下から2つの輪の中にとおします。
c0240112_103008.jpg

白ひもを再度おなじように輪の中をとおします。2周めは青ひもの輪と
おなじ大きさの輪をつくり、形がこわれないように指にかけておきます。
c0240112_10301546.jpg

白ひもを2回とおし終えた状態。まず先につくった青ひもをしめてから
白ひもをしめます。輪の下の方をひっぱると中心がひきしまります。
c0240112_10303331.jpg

下にでているひもをひっぱると今度は輪がしまります。
c0240112_10304641.jpg

かたちを整えて完成。

 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

c0240112_1031295.jpg

昨晩、台風の中モニョモニョ練習をしていたら、こんなものが出来ました。
さて、何にしようかな。
[PR]
by fukka50 | 2012-06-20 11:20 | 手芸 | Comments(0)

こま結び&ノリゲ

昨日つくった「トレ」を平面でやってみましょう。平面に広げると、トレが
どういう仕組みになっているかよく分かるとおもいます。
※パソコンが暴走。記事の順番がおかしくなっていますが、指でつくる
  トレと平行して見てください。   
c0240112_118353.jpg
c0240112_119759.jpg

白ひもの下を通って1周します。
c0240112_1192945.jpg

下から入り、上にぬけます。
c0240112_1193213.jpg

次は白ひもです。青ひもの下をとおって1周します。
c0240112_11102988.jpg

青ひもの下をとおって輪をつくります。輪っかが2つできた状態です。
ひもの上下が面倒ですが、1つまちがうと完成しないので注意してください。
c0240112_11105341.jpg

先に白ひもをひきしめます。このときの形が大切です。タテになったり、
ひもがねじれたりしないように気をつけてください。
c0240112_11111346.jpg

次に青ひもをひきしめます.
c0240112_1614488.jpg

ハイ、完成。指でつくるのとどちらが結びやすいですか?

 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

c0240112_11511973.jpg

ノリゲをつくりたくてメインになる象牙の彫り物や玉をさがしたのですが、
なかなか見当たらず、むか~し買ったブローチでつくりました(笑っていいヨ)
トレも連続するとこうしたボリュームのある作品ができます
[PR]
by fukka50 | 2012-06-19 11:43 | 手芸 | Comments(0)

すずらん

とうとう梅雨になりましたね。あじさいが色づきだしとてもきれいです。
わたしはこの時期、あじさいよりもすずらんを思い出します。
故グレース・ケリーが結婚式のとき持っていたブーケは、みごとな
すずらんの花束でした。
c0240112_1573990.jpg

じつは「お仕覆3」をつくったとき、20cm前後の余りひもが大量にでたので
なんとか使用方法はないか考えていました。これはすべてあわじ玉です。
小さいものは四葉型の1周結び、大粒のものは2周のあわじ玉です。
c0240112_1575134.jpg

週末、伯母にプレゼントしようと携帯ストラップをつくりました。
ストラップ用に極細のひもをつかったら、今朝は超肩こりでグッタリ。
[PR]
by fukka50 | 2012-06-18 23:14 | 手芸 | Comments(0)