ハンドメイド


by fukka50
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

トレ祭り

いまさらトレ?とお思いでしょうが、ときどき練習しないと、すぐ忘れるんです。困ったもんだ。
これがいつもののトレ連続。
c0240112_1513021.jpg

そしてコレが、<横トレ>完成!!だけどまだ10回に1回の成功率。
c0240112_151346.jpg

実はこれを作りたかったんですね~。トレ、耳付きトレ、横トレ、1本トレ、の総決算です。
c0240112_15132965.jpg


どうして韓国や中国は、ひも結びがここまで発展したんだろう?と考えることしばしば。最近、
たまたまテレビをつけたら「チャングム」の再放送があっていました。
で、気がついたのはチャングムのノリゲにはピンクのソクシメドップがついていました。あの時代
読み書きできない人が多かったから、こうした手芸品で持ち主がわかるようにしていたのかも?
身近な人にだけわかるって、秘密めいて、なんかいいですね。
[PR]
by fukka50 | 2013-02-22 15:50 | 手芸 | Comments(0)

あわじつなぎ

前回の記事をみた人から「あわじ結びの連続ってどうなるの?」と質問ありました。こうなります↓
c0240112_17434314.jpg

メドゥップは、必ずひもが上下しますが、これは前後を入れ替えるという例外アリ。
幅広い結びは数種類あるので、いずれご紹介しようと思っていましたが、あわじ玉のついでに。


いまも「あわじ玉」がアクセスのトップを独走しています。ご訪問ありがとうございます。
ところで、あわじ玉4角・5角は結びの中では中級クラスの難しさです。なので四苦八苦して
いる方、あきらめないで。できたら、吉祥→トレor センチョクの後におススメ します。

[PR]
by fukka50 | 2013-02-18 18:14 | 手芸 | Comments(0)

あわじ玉・6角 髪どめ

まだまだ風は冷たいけど、春の気配になってきましたね。ひさしぶりにあわじ玉6角できるかな?
と結んでみました。緑の部分は8の字結びで葉っぱをつくりました。南国のフルーツのつもり。
c0240112_15561689.jpg

作るときはいろんな色をいれたほうが楽しいんですが、どうしても和風になるので、髪につけると
単色のほうがかわいいんですよね。だけどお正月やひなまつりにはいいかも。
c0240112_15563277.jpg

これが、あわじ玉6角です。この結びは、連続してレースのように伸ばしていくことができます。
基本の形は、別名<亀むすび> 誰が考えたんだか、頭、手足、しっぽに見えるから感心。


うちには亀の置物がたくさんあります。出張の多い義父がいつもおみやげに買ってきてくれた
ものですが、1ど高級なバカラ製の亀をもらいました。後にも先にも我が家で唯一のバカラです。
箱をあけるときのわたしのドキドキ感、わかりますよね?で、出てきたのが緑色のへ~んな亀。
つい「バカラなのに!」と一言・・そしたら次から、カエルになってしまいました(苦笑)
[PR]
by fukka50 | 2013-02-17 16:37 | 手芸 | Comments(0)

織りもの小もの

ひさしぶりに毛糸を出してきたら楽しくて1晩で完成しました。これは腰痛の心配ナシ。
c0240112_15124651.jpg

ここまでできたらたこ糸をバッサリ切ります。裏面にも1枚分織れたんですが、今回は省略。
c0240112_1513582.jpg

うすい石鹸水につけて押し洗い→布にはさんで水分をとる。こうした作業で毛糸同士がからみ、
フェルト化するのでほどけにくくなります。気になる方は、ふちを同色の縫い糸でまつると完璧。
c0240112_15131130.jpg

アイロンかけて、たこ糸の長さをそろえたら完成。けっこうかわいいでしょ?
この小さなサイズでさえも横幅がまっすぐになってくれず、苦戦しました。写真たての上下に
糸1本づつの刻みをいれれば・・・そんなことするよりサッサと織り機を買ったほうが早いか!?


今回はたこ糸を使用しましたが、織り機であれば、タテヨコおなじ糸で織ることができます。
そうなると、糸によって、高級感のあるステキなストールなども夢じゃないですよ。
[PR]
by fukka50 | 2013-02-08 15:59 | 手芸 | Comments(0)

織りもの・2

織りものやってみた~い、という声がチラホラ。だけどこれだけは織機がないとムリなんス。
ご紹介しますなら、下のものも織り機の1つです。織り機の上にのってる棒の厚みの差で
タテ糸を上下させ、その間にヨコ糸を通す原始的なタイプです。
c0240112_15324651.jpg

だけど、よく考えたらアジアの田舎なんかでは木にひっかけて庭先で織物してますよね。
そこで考えました。これは写真たての縁にたこ糸を巻きました。額縁なんかでもOK.
c0240112_1533426.jpg

タテ糸は奇数になるように。
c0240112_15335557.jpg

ヨコ糸は毛糸です。最初のはしを2列めに入れ込んでしまいます。
c0240112_15341027.jpg

櫛でトントン、オオ!それらしくなってきた、とじぶんでも感激。コースターくらいできるかも。

ヨコ糸を巻きつけるシャトルがなくても毛糸用のとじ針でOKです。
なぜたこ糸かといいますと、タテ糸はかなり強く引っ張るのと、櫛で梳くうちに毛糸では
切れてしまうからです。余ったたこ糸はチャーシューづくりに応用。
写真フレーム、櫛、たこ糸、すべて100円ショップでございますの。ホホホ・・・完成は次回。
[PR]
by fukka50 | 2013-02-07 16:25 | 手芸 | Comments(0)

織りもの

毎日、寒いですね。これだけ寒いと、つくるものも暖かいものがほしくなります。
友人が貸してくれた織り機でトンカラり。マフラーですが、春先取りでなかなかいい色でしょ?

c0240112_8325648.jpg
c0240112_8331214.jpg

これは北欧の家庭用織り機です。テーブルのはしにひっかけてトントンカラりと織れるんですが、
このトントンが腰にひびくんですよ。これはヤバイ!という痛みがきて、鶴の恩返しにはならず。
手芸も体力ですわ。やっぱり、ひも結びに戻ろ~っと!
[PR]
by fukka50 | 2013-02-02 08:43 | 手芸 | Comments(0)