ハンドメイド


by fukka50
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

中国むすび

ついに中国むすびに突入。ぐぐっと難しくなりました。よくこんなもの考えるよね~とブツブツ。
c0240112_11262284.jpg

下のクッカが新種のむすびです。もしや<龍の顔>をつくりたかったのでは?
c0240112_11452433.jpg



c0240112_11273469.jpg

1こめは裏が汚かったので再挑戦。今度はうら表がわからないほど完璧よん。

  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  

先日のオペラで、チェンバロ奏者が、白髪のモヒカンではないけど爆発状態?(イタリア女性)
だけどシンプルな黒のイブニングドレス姿が、それはそれはおしゃれでステキでした。
その写真をブログに載せようとしていたんですが、動画だったため?1週間かかっても、載せる
ことができませんでした。見せたかった・・・ウガガ・・・

ここ数年、わたしは子供の進学などで、おちつかず、こんなエレガントな世界があったことを
すっかり忘れていました。でも、やっぱりたまには必要ですね。生の音に鳥肌がたちました。
ステキな人やモノ、すばらしい音楽は、目や耳や心の栄養になりますね。
今はユニクロがすべての毎日ですが、このままでは死ねん、と思うほどステキな夜でした。

[PR]
by fukka50 | 2013-10-29 12:06 | 手芸 | Comments(0)

オペラ ウィーク

今年は、2件もオペラのお誘いがありました。オペラってだけで興奮して、何着ていこう!?と
1人アタフタしてつくったのがコレ↓ つけると案外いいんですよ。と、いうか作ってているうちに
いいも悪いも感覚がマヒして、だんだんゴージャス化していくんです。
c0240112_1643646.jpg

クッカは、菊のことなので地味な感じがするけど、目立ちすぎず個性的で、コレは便利。
c0240112_1645473.jpg

ところがネックレスを見た息子が「それをつけていくなら僕はいかん。」だって。親不幸ものめ!
しかたなく、無難なラインでつくったのがこの2点。このシルバーのひもはおみやげにもらった物
なんですが、輝きが美しい上に、ほころびない、型がつかない。これは掘り出しものでした。
次回は大量購入、決定。

あしたは、ボローニャ歌劇団のドンキホーテです。観劇もたのしみだけど、夜、遊びにでるのは
久しぶりなので、ワクワクソワソワ。芸術の秋をたのしんでおります。
[PR]
by fukka50 | 2013-10-19 16:32 | 手芸 | Comments(0)
昨日まで暑かった~。やっと季節が進みそうですね。
もうクリスマスの準備してるの!と言われそうですが、わたしは師走になるとあせって、かえって
何もすすまないと分かったので、今年は早めにスタート。気温30どでフェルトは暑かったゼイ。
去年シナモンを沢山もらいましたが、使いきれなかったので、今年はコレをお返しにプレゼント。
中身は、シナモンと八角です。
c0240112_10444518.jpg

3×3cmの三角だとフェルト1枚から20個弱つくれます。どんな型紙になるか考えてみよう!
いつもながら縫い目はしらんぷりしてネ(苦笑)   
c0240112_1045178.jpg

赤色にはシナモン、緑色には八角(アニス)をいれました。いい香り~。バニラでも幸せかも。
わたしは小さく・たくさん、と思い込んでいたけど、大きいサイズの三角も迫力があっていいかも
しれませんね。

PS.早々にフェルトのサイズはいくつや?と質問アリ。メーカーによって多少ちがいますが、
   このフェルトは18×18cmをつかっています。なんか数学的になってきてビビる~
[PR]
by fukka50 | 2013-10-13 11:17 | 手芸 | Comments(0)

カード入れ

で、できた~!拡大して縫い目を見ないでね。でも中心から縫いだして、なんとなくコツが
わかってきました。それでも目がそろわないのは、、、心の乱れ?
c0240112_1525179.jpg

黄色いステッチをきかせたかったので<巻かがり>よりも密に縫っています。
c0240112_1592997.jpg

これが後ろ。色が結構かわいいでしょ?普通のがカードが10枚ほど入るサイズです。

  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

週末、高校卒業以来という友人と会いました。卒業後もやりとりしてる友達とは、なんとなく
記憶が共通してるんですが、彼女とはクラスもちがっていたので、すっかり忘れていたことが
よみがえってきて冷や汗ものでした。

高校の寮で、ヒロちゃんという同級生が、ある日「どうも痔じゃないだろか?」と言い出しました。
きびしく点呼に追われる日々だったので、しらずしらず緊張して便秘になる子がままおりました。
それからしばらくして、新聞をよんでいたわたしは、<ひさや大黒堂>という痔の薬で有名な
会社の、サンプル進呈します、の広告を発見。オ!ヒロちゃんにピッタリじゃん、と彼女の名前で
サンプルを注文したんです。友達思いと思わない?

ところが当時、男女交際禁止で、会うことは厳禁。郵便物も差出人の住所・名前がないものは
先生方の面前で開封させられる徹底ぶりだったんですネ。
ある日、「○○ ヒロコさん、寮長室へすぐおいでください。」とアナウンスが。しばらくして、ぶ然と
帰っきた彼女に事情をきいたら、覚えのない郵便物がとどき、寮長ほか先生方の前で開けたら
痔の薬がでてきて、わたしは知らない、といっても信じてもらえなかったって。ヒョエ~

わたしもまさか、ひさや大黒堂が、気をきかせて差出人の名前をふせて送ってくるとは予想して
いなかったのよ。こんなことになるとは想像もできず、「アチャ~、ゴメンね」と謝ったんですけど、
わたしは彼女に寮中を追いかけ回されました。
そして、ヒロちゃんは、先生たちの間では、若い娘なのに痔、と信じられていることでしょう・苦笑
久しぶりの友人の話で、こんな事件を忘れていた自分にビックリ。親の介護やアルツハイマーの
話題も珍しくない昨今、これはチトやばいぞ、と深く深く反省したのであります。
[PR]
by fukka50 | 2013-10-08 15:50 | 手芸 | Comments(0)