ハンドメイド


by fukka50
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

心の栄養補給

週末、お花見に行かれましたか?それとも消費税前の買い込み?わたしも後者です。
1日だけ友人のBちゃんに連れられ、江戸川区の<ギャラリー麻百百>asamomoさんへ。
ここは、陶器がメインですが、棚から作家もののテディベアがでてきたり、木工品が
あったり、裏庭があったり、次は何!?というほど懐が深こうございました。
c0240112_17252240.jpg

こんなステキな器でソバをたべたいゾヨ。
c0240112_1725627.jpg

飾り棚も李朝風で、存在感がありました。
c0240112_17252995.jpg

コレは何でしょう?高齢者や障害のある人でも使えるにぎり箸です。磁力があるので、
握力が弱くても食べ物をつかむことができます。
c0240112_17253715.jpg

でもヒットはコレ。オーナーのおじさんがドングリを拾ってきて1つ1つ制作して
いるそうです。中身はドングリ。それに帽子をつけストラップに。これをいっぱい枝に
さげていましたが、かわいかった~。
陶器はいろんな作家さんの作品がありましたが、わたしが目をつけたのは龍の香炉。
あの口から煙を吐く姿を見てみたい。消費税が上がるというのに買うか?と考え考え
帰りました。いいものを見て、ほのぼの心が豊かになった1日でした。
お近くの方や東京スカイツリー見学のついでにのぞかれること、おススメです。

場所は   <ギャラリー麻百百>     東京都江戸川区平井3-16-11
      JR総武線 平井駅・南口・徒歩3分  tel 03-3681-7675
[PR]
by fukka50 | 2014-03-31 17:25 | Comments(0)

ソクシメドゥップ

前回のソクシメドゥップへのお問い合わせがたくさんありましたが、まだテキストを作って
いないので、ヒントを書きます。ソクシメドゥップは全て<センチョク>でできています。
最初から最後までセンチョクの繰り返しです。
編み物のように、右から左ではなく、中央から左右にひろがり、また中央へ戻る、を
1段づつ繰り返します。この時ひもは・・・うう、説明が、む、むずかしすぎる~。
c0240112_13332182.jpg

c0240112_13341095.jpg

左の小さな結びが最初の1歩です。右の枝方結びも、すべてセンチョクでできています。

<ソクシメドゥップ>は<釈氏メドゥップ>が正式な名称です。海にでた夫が無事帰ります
ように、と夫人が編んだのがはじまりだそうです。メドゥップの中でも横に広がる結びは
めずらしいので、特別な結びとされています。
結びのレベルとしては、中・上級編なので、いつの日かご要望がふえましたらテキストを
つくります。
[PR]
by fukka50 | 2014-03-27 13:56 | 手芸 | Comments(0)

ソクシメドゥップ巨大化

壁掛け完成しました。全長60cmあるので、上下にわけてご披露します。
c0240112_15504042.jpg

ここ数年考えていたソクシメドゥップ(四角)の巨大化に成功!(普通は3×3)
うれしかった~。それと垂れ紐結びも完成しました。ひとつの結びに、数週間かかる
こともあればこんな風にトントン進む日もあります。ウッシャ、今夜は祝杯や。
c0240112_1551127.jpg

これが下半分。中心に時計の振り子のようにカラッジを下げてみました。大きな
カラッジと色をそろえました。カワイイでしょ?

  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

c0240112_15514093.jpg

これは下が韓国製。<リングォッ>といいます。上が日本の目打ちです。
c0240112_15515373.jpg

先日、わたしはピンセットで引き締めをやってま~すなんて書いたら、ちゃんと
正式なやり方をのせよ、とお叱りがありました。そうよね、スミマセン。
韓国では、こうやってひもを引き締めます。
リングォッは目打ちのようですが、ずんぐり短いのであまり力が要らないのと、
先端を丸めてあるので、ひもの芯や、余計な糸をかき出す心配がありません。
本場の道具にはそれなりの目的があり、使ってみて驚くことがしばしばあります。
他にもひも結び専用の道具がありますので、近いうちに販売しま~す。
リングォッにいろんなストラップをつけるとかわいいですよん。
[PR]
by fukka50 | 2014-03-26 16:40 | 手芸 | Comments(0)

お仕覆・11・紅梅

できましタダ。満開の梅じゃなかったの!小川は?というご質問、覚悟しております。
c0240112_9504871.jpg


これにはいきさつがありまして、一筋の流水と満開の梅花を散らす予定でしたが、
流水部分をはじめて<マクラメ>という結びでつくりましたところ、これがナカナカ
おもしろくて、ヨシ、これで全体をつくってみるか、と変更にあいなりました。

c0240112_10142283.jpg

これは器の底の部分です。それなりにキレイでしょ?ところが「ゴスロリ」とか
「アダムスファミリー」とかいわれて悩んだんですが(色が悪かった?)すでにひもを
50m使用していたので、投げ出すわけにいかず、なんとか形にしました。
ま、こういうこともありまさぁね。(開き直り)
c0240112_9513295.jpg

結びは、梅結び3つとナビ(蝶)です。

今回のマクラメは、器にあわせて放射状にするのが難しかったんですが、同じ幅で
つくったらこれもおもしろい手芸と思います。結びを2重にしたり、交差させると
模様が無限にできます。
ああ、やってみたいが、つくりかけの材料が呼んでいる・・・またいつか、ですわ。
[PR]
by fukka50 | 2014-03-21 10:29 | 手芸 | Comments(0)

試作中

あたたかくなってきましたね。買い物の途中でも梅の香りに気がつきます。
この時期、合格祈願で有名な太宰府では、平安貴族の装束をきて、小川のほとりで
杯が流れるあいだに一句詠むという優雅な行事があります。周囲は、満開の梅林。
これを結びでつくろうと、先日からアレコレ工夫しているんですけど、
小川が<アダムスファミリー>のような雰囲気になってしまいまして、う~ん困った。
でも<アダムス>はすきなので・笑 このまま作ってみるか、と試行錯誤しています。
c0240112_16155492.jpg

[PR]
by fukka50 | 2014-03-12 16:23 | 手芸 | Comments(0)

アンティーク・チュモニ

NHKの「ごちそうさん」見てますか?わたしは大ファンです。料理も楽しみだけど、
「UMASUKE」のカウンター上の赤いのれんに一目ぼれ。ロシアチックでかわいい~。
ソチオリンピックもあり、赤いもの、赤いものに目がゆき、昔どこかで見た赤のきいた
骨董品のチュモニを再現してみました。
c0240112_11252924.jpg

この三角がおっくうだったんですけど、横浜も大雪になり外出できず、手芸の日々。
縫いにくいバイヤスにも挑戦しました。次々アイデアが浮かぶも、手が追いつかず。
c0240112_1656855.jpg

結びは上からトレの応用~枝方結び2つ。房は金糸でまとめ結び、最後はコイル結び。
韓国のひもにかける情熱はスゴイ。本物は房が30cm以上あった覚えがあります。
ここまで手のかかった袋に何をいれますか?宝石?わたしだったらグルコサミン・・・
c0240112_11274874.jpg

これは布をさがしていて見つけた既製品。結び=ストラップと思われがちですが、
こういう使い方もあります。韓国製にしてはシンプルですが、これでもクッカ、トレ、
カラッジの3つの結びが使われています。簡単そうでも奥が深~い。
[PR]
by fukka50 | 2014-03-02 17:45 | 手芸 | Comments(0)