ハンドメイド


by fukka50
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お ま け





c0240112_17425530.jpg


双銭結びはできましたか?
スタートは双銭結びと同じですが、

こんな応用もあります。


こちらのほうが貨幣って感じデスね。


c0240112_15310871.jpg


買い物に行ったデパートの魚屋で
クリオネを発見!
1cm大が泳ぐ泳ぐ。ホントに天使みたい。

ここでバカなことを尋ねてしまいました。
「クリオネってどうやって
食べるんですか?」とワタシ。

あきれた口調で「観賞用です!」だって。
だって魚屋だしホタルイカや白魚に
にてるんだも〜ん。

凍える冬に、ひとときのメルヘンでした。

(写真はネット画像より引用)

★fukkaのハンドメイドshopは
http://fukkafukka.shop-pro.jp/


[PR]
# by fukka50 | 2017-01-26 17:59 | 手芸 | Comments(0)

双銭結びのつくり方


ヒュ~ヨロヨロ長かった。なんとか編集完了。<双銭結び>の作り方をご紹介します。
お金を形どった結びで、金運アップのお守りとされています。中国、韓国、日本にもありますが、
日本では<枝方結び・えほうむすび>ともよばれています。

c0240112_13413170.jpg


金運アップは万国共通の願いですが1つちがうのが、中国結びはセンチョク5こが同じ向き(黄)
日本・韓式は左右対称の結び(青)になります。矢印の部分を比べてみてください。
さてさて、作り方に参りましょう。

c0240112_13415858.jpg

1 センチョクからスタートします。センチョクは以前アップしていますのでここでは省略します。
  センチョクの向きに注意。スタート時は右回りです。
c0240112_13423917.jpg

2 センチョクの右穴に右ひもを通します。
c0240112_1343763.jpg

3 輪っかは3~4cmの長さ。
c0240112_13433451.jpg

4 輪っかを1/3 と 2/3のあたりでつまみます。
c0240112_13435978.jpg

5 4でつまんだ穴に右ひもの輪を入れます。
c0240112_13442688.jpg

6 5でできた輪に更に輪を入れます。
c0240112_13444954.jpg

7 最後は4でできた穴にひもを通し、元の輪に戻ります。ここは1本のひもで
  センチョクをつくる作業です。
c0240112_13452031.jpg

8 
c0240112_13454643.jpg

9 できたものはこんな感じ。
c0240112_13461380.jpg

10  余分なひもを引き締めてセンチョク同志をくっつけます。
c0240112_13463872.jpg

11 ふたたび2からの作業をくりかえしてセンチョクを増やします。
c0240112_1347535.jpg

12 センチョクが3つ揃った状態です。
c0240112_13473188.jpg

13 12を逆さまにして手に持ちます。
c0240112_13475615.jpg

14 左の輪に、右の輪をひっかけます。これは中央のセンチョクをつくる作業です
c0240112_13482377.jpg
15 あとはいつものセンチョクの繰り返しです。
 (※写真を省略しないでというリクエストに応えて、追加変更しました。)

c0240112_12042309.jpg
16 中央のセンチョクを引き締めたら、左右に高さ2cmほどの輪をつくります。

c0240112_12044929.jpg
17 最後のセンチョクをつくります。左の輪に右の輪をひっかけます。

c0240112_12062036.jpg
18  いつものように左から輪を差し込み、右ひもを上→下の輪→上に戻ります。
   あとはひもを引き締め、形を整えます。
c0240112_13491715.jpg

19 これで完成。センチョクは全部そろっていますか?

  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

c0240112_13494662.jpg

 これはわたしの今年のお印。ガッポリとは言わないけどいっぱい貯まりますよ~に!

  
日・中・韓それぞれに結びがあるので、双銭結びにはもう1種類結び方があります。
それを覚えるとソクシメドップも同じ向きのものが結べるようになりますが~・・・
ソクシメドップの作り方をブログで説明すると、写真が50~60枚になりそうなので、
またいつかね~(苦笑)

たまに、ひも結びに熱心な方から教えてほしいとリクエストがあります。日時と場所が合い、
わたしの足代が赤字にならなければ全国津々浦々出かけていくこともOKです。
そういう場があれば、ソクシメドップや壁掛けなどの大きな作品をつくることもできます。
教室をご希望の方は、ブログのコメント欄か、fukka@ozzio.jp までご連絡ください。



 ★fukkaのハンドメイドは  http://fukkafukka.shop-pro.jp/
[PR]
# by fukka50 | 2017-01-22 15:03 | 手芸 | Comments(0)

新春 中国結び

大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。お正月はいかがでしたか?
わたしは年末から「すべて同じ向きのセンチョクでひと回り大きなソクシメドップ」に
かかりきりでした。(中央部分です)
やっと完成して写真を見たら、こんどは梅結びがあやしい・・今後の課題であります(汗)

c0240112_16284498.jpg

でも華麗でしょ?今年初なので、めでたさを込めました。本年もよろしくお願いいたします。

c0240112_16291572.jpg


昨年のクリスマスに、ブログへの訪問者が5万人を超えたので、お礼になにか・・と
ずっと考えていましたが、金運アップの結び<双銭結び・枝方結び>のつくり方を
ご紹介しようと思います。
ところが撮影したところ、全27コマありまして、加筆するだけでも大変な作業なので
コンパクトに編集して2,3日うちにアップします。どうぞお楽しみに。

 ★fukkaのハンドメイド  http://fukkafukka.shop-pro.jp/
[PR]
# by fukka50 | 2017-01-21 17:03 | 手芸 | Comments(2)

センチョク逆バージョン

年末の忙しい頃と思います。うちもなんとなくバタバタ落ち着かない毎日ですが、
先日、ある方から質問メールがきました。
内容は、自分がもっている本にはセンチョクは右、左、裏、表があると書かれているけど
わけが分からない。fukkaの動画にその説明があれば購入したい、とのことでした。
ん?センチョクに裏表はないぞ???(=左右別のテキストはつくってない。)

センチョクは表が右まわりでも裏返すと左まわりなので、1こ作るときに気にする必要は
ありませんが、これが枝方結びやソクシメドップのようにセンチョクが連続する結びは、
右まわり・左まわりの向きがバラバラだとあまり美しくないですね。そういうときに左右を
そろえるために逆バージョンをご紹介します。すでに出来る方も試してみてください。

c0240112_11425019.jpg

1・ひもの真ん中あたりを輪にして右手でつまみます。
c0240112_11431586.jpg

2・左にのびたひもを1の輪にひっかけます。
c0240112_1143457.jpg

3・2を左手に持ち替えます。
c0240112_11441397.jpg

4・右のひもを輪にして3の上の輪の中に入れます。
c0240112_11444527.jpg

5・ふたたび右手に持ち替えます。
c0240112_1145912.jpg

6・左のひもを4の上の輪から下の輪にむかってさします。
c0240112_11453478.jpg

7・ひもを下に引きます。
c0240112_11462356.jpg

8・下の輪の中を通ったら上の輪の中に戻ります。
c0240112_11464810.jpg

9・ひもを引いたら3つ葉の形ができています。
c0240112_11471375.jpg

10・3方向にひもを引きしめ、長さを整えたら完成。
c0240112_11474336.jpg

これが右回り・左回りです。センチョクを複数結ぶときはこの「向き」がそろうように
注意してください。
c0240112_1272658.jpg

左2つが枝方結び、右が十字架です。各センチョクの向きをよく見てください。
(ただし枝方結びは普通のセンチョクの結び方とはちょっとちがいます。)


c0240112_11481151.jpg

さて、わたしはおババ様から注文されたバッグをつくっております。手ならしにはじめた
編み物にはまり、モスクの天井のようなものが出現。同じものをもう1つ作ればバッグに
なるんだけどナ~力尽きました(苦笑)

年賀状に毎年の作品をのせていますが、今年は自慢できるものが少なくて反省。
来年はアレとコレと、とアイデアだけは一杯。形にできるようにがんばります。
また25日のクリスマスに、ブログの訪問者数が5万人を超えました。いつも見て
くださってる方ありがとうございます。記念になにか、と考えています。
来年もよろしくお願いします。みなさんも楽しい年をお迎えください。


 ★fukkaのハンドメイドshopは http://fukkafukka.shop-pro.jp/
[PR]
# by fukka50 | 2016-12-28 12:32 | 手芸 | Comments(0)

スパンコール作品

元気な80歳の知人から、バッグを作って、と長いことたのまれていました。「和風の六角柄で、
おさいふとスマホが入るサイズ。首からかけられるようにひもつき金具もつけて。でもはずしたら
和服のときもつかえるモダンなバッグが欲しいのよ~」・・・欲張りすぎ!!と思っていましたが、
とりあえず大きさを測るために小さなバッグを編んでみました。

c0240112_15271989.jpg


大きさは14×28cm。5cmのマチを入れました。ファスナー開閉。

c0240112_15275092.jpg


表と裏を編んだら、裏の最後・上端からマチに移ります。網目を立ち上げてタテ・ヨコ・タテと
5往復します。最後はマチと表をくさり編みで縫い合わせます。(矢印はマチの編み方向)

わたしのお出かけグッズはこれにキチッと収まりますが、首から下げるには重すぎる。
あまり小さくすると着物とのバランスがあるしな~、と頭をかかえています。
とりあえずわたしは試作バッグをさげて忘年会へ。ジビエ料理おいしゅうございました。

c0240112_15281927.jpg

これはグループ展のお客様の注文でつくった金×金のスパンコールの小銭入れ。金のレース糸が
見つからず、極細のまつり糸で編みました。かぎ針は0号サイズ。目が、肩が死にました~。

c0240112_15284875.jpg

ここまでつかったスパンコールを紹介します。右6つはセンターホールといわれる一般的なものです。
奥の2つはべっ甲型押し。光が乱反射するギラギラタイプ。真ん中も似ていますが、左のピンクは
お椀型、右は平面です。下2つは、最近出ている丸くないスパンコール。小さいながらも雰囲気ある味がでます。左の金の大小は、トップホールといわれる種類です。
いま、スパンコールは国内では生産されていないそうです。海外からの輸入が中心なので、日本製のようなレベルを期待しないでください、とビーズ屋さんからのこぼれ話。

c0240112_15291610.jpg


バッグどうしよう~と考えながらモニョモニョこんなものが増えました。ツリーにでも飾るかな。
このナマコシリーズやボンボンは編んでて楽し~。
バッグも作らなくちゃいけないけど、最近ひも結びから遠く離れてしまって気になっています。
大人になっても宿題ですネ~。

 ★fukkaのハンドメイドshopは http://fukkafukka.shop-pro.jp/
[PR]
# by fukka50 | 2016-12-14 16:14 | 手芸 | Comments(0)