人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

雨の日のつぶやき

長く空いてスミマセン。
5月末の朝、冷蔵庫を開けた瞬間、
落ちてきたタッパーを左手で受けようとして、
おかしな形で扉に激突。
指2本の骨折と左肩が上がらなくなりました。
やっと回復してきたところです。

c0240112_20113550.jpeg

これは、三賽3套です。
まさか骨折とは知らず、力をこめて結びました。
今思うと、この時は痛かった!


ブログを更新しなきゃ、と焦っていましたが、
自分がワクワクしてない時、記事をアップすると
みごとにアクセス数がのびないので、
ここはしっかり休むか、と養生していました。
ここ数日、やっと気持ちも浮上。


c0240112_20223482.jpeg


今年のうちのミニトマト。楽しみです。
さて年内にブログのリニューアルを考えています。
実は1年おくれ(苦笑)トホホ、、
もう1度販売をしたい。でも何を売るかはまだ内緒。


c0240112_20252289.jpeg


左手が不自由なので、引き締めがない結びを
しながらいろんな事を考えていました。
すでにわたしは韓国から中国結びにうつっています。
中国結びの師匠が欲し〜い。
もっと日常生活に役立つものを形にしたい、
そしてもっと高度な結びもできるようになりたい、
いつもこの考えを行ったり来たりしています。


c0240112_20304085.jpeg


雨の日、外に出かけられず、
作業に没頭できる感じがとてもすきです。
今日もまずまずの出来でした。
カタツムリのようにわたしもジワジワ
どこかに向かって進みだしました。
命短かし、恋せよ乙女!
この言葉をつぶやきながら雨の日の制作に
励んでいます。

# by fukka50 | 2019-06-23 20:10 | 手芸 | Comments(0)
いまや新宿界隈の手芸店はオカダヤだけになりました。

c0240112_17371446.jpeg

2018年秋に、新宿東口ALTAビル4〜5階に布部門が
お引越し。30mほど離れた旧館も営業しているので、
布はALTA、小物は旧館に分かれ少々面倒ですが、
布コーナーは広々とした空間で買い物しやすくなり
ました。

c0240112_17394657.jpeg

ここは歌舞伎町そばなので、ショーパブで使う衣装用の
ギラギラした布や皮革、特殊生地の充実ぶりが
とくに有名でした。
手の内をバラしますと、スパンコールは普通5〜10枚の
小袋で販売されています。スパンコールのバッグを
作ろうとしたら1000枚必要として、小袋で購入すると
数万円という金額になります。でもオカダヤのスパンコール生地を購入してほどけば、そこ50cmで数千枚の
スパンコールが手に入ります。わたしはこうして節約
してきました。

c0240112_17462457.jpeg

オカダヤは「 オカダヤ 」「オカダヤ マノクレアール」に分けて運営されています。
簡単に説明すると、「オカダヤ」は昔ながらの手芸店
ですが、「オカダヤマノクレアール」は、作ってみたいよね・作れるかもを、コンセプトに流行のセンスのいい材料が揃っています。
たしかに布や毛糸は、どれも欲しくなるものばかりでした。(横浜時代、ご近所でした)

c0240112_17523896.jpeg

オカダヤは会員になると会計の時スマホのバーコードの提示で、毎回5%の割引になります。またセールのお知らせもメールで入ってくるので、これは便利。

c0240112_17550844.jpeg

(写真は本店旧館です) オカダヤ新宿店は現在2カ所の
店舗ですが、いずれALTAビルに全てを移し本店旧館を
建て直して、再びそこで営業する予定だそうです。
時期に関しては未定。どんな店になるのか楽しみです。
興味のある方はオカダヤを訪れ、会員登録することを
おススメします。セール時は20%OFFですよ〜!

c0240112_18012616.jpeg

ひと言でいうと新宿オカダヤは、手芸材料から洋裁に
必要なものほとんどが揃う店です。
また知る人ぞ知る、旧館6階の奥にはプロ集団がいて、
特殊生地の加工やミシンの相談にのってくれます。
これは他店にはないサービスです。こうしたずば抜けた
専門性で、この店は長年愛されてきたんだろうと思い
ます。

c0240112_18072623.jpeg

オカダヤは都心の手芸店として立地の良さを活かし、
ものづくりへの活気と情熱ある店です。
さてここは随時いろんなイベントも行われています。
新しいところでは「男性による編み物展示」、、
チョット面白そうでしょ?オンラインショップも
充実しています。眺めるだけでも夢広がりますヨ。

オンラインショップ
http://shopping.okadaya.co.jp/shop/c/c10/

オカダヤ新宿本店
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-23-17
電話 03-3352-5411( 大代表)
営業時間 10:30〜20:30 (休み 不定休)

移転先・オカダヤ新宿ALTA生地館
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-24-3 新宿アルタビル4〜5階
電話 03-6273-2711
営業時間 11:00〜20:30 (休み 不定休)

c0240112_18194094.jpeg

※ご協力くださった(株)オカダヤ・諸石奈保子様に
感謝申し上げます。

# by fukka50 | 2019-05-17 17:32 | 手芸 | Comments(0)

夏バッグ2点

連休はいかがでしたか?
わたしは即位の礼を横目に撮影の日々でした。

c0240112_13404290.jpeg

さて、夏糸の編みバック2点完成しました。

c0240112_13414744.jpeg

ピンクはクラッチ型にアクリルチェーンをつけました。自信作だけど評判が今イチ、、、どして?
フタの刺繍がポイント。チェーンステッチで
模様を描きました。

c0240112_13434945.jpeg

内側は硬いグログランテープで縁取っています。
チェーンの付け根は金属のハトメを打ちました。

c0240112_13455006.jpeg

もう一つは日常のお買い物バッグ。
あてずっぽに編んだので柄が少々乱れておりますが、
ご愛嬌。ピンクがカワイイでしょ?

c0240112_13482497.jpeg

こちらもグログランテープで伸び止めを
しています。真ん中は磁石で開け閉めします。
このバッグの方が出番が多いかも。
さて、夏の準備OKです!


この連休中、虫干しがてら今までにつくった
作品の整理をしました。

c0240112_13542058.jpeg

作品といってもすでに使い込んで
色が変色したものもあります。
でもこれはいい事で、使いやすいので、
しょっ中使用している作品ということなんです。

前後していますが、前回の作品は、
今回のバッグの残り糸です。
ピンクとアイボリーは消費できましたが、
茶色は在庫へ。来年の課題となってしまいました。
でもね気がついたんですけど、わたしは在庫が
なくなってくると不安なんです。
他人から見たらゴミのような材料を抱えて
人生を終るんだろうと思います(苦笑)
これも人生サ〜。


# by fukka50 | 2019-05-09 13:37 | 手芸 | Comments(0)

つな結びの巾着

Webデザイン教室が1コース終了しました。
うれしくて放課後(?)スキップで手芸店へ行き、
新しく並んでいた夏用の糸を買いました。
全色そろっていたので、大好きなアイボリー、
ピンク、こげ茶の組み合わせです。
(ここまでまったく無意識)

ところが帰りの電車の中でハッ!?
去年の夏、残った糸を処分するためにバッグを
2つも編んだのに、また同じ糸を買ってしまった〜!
バカバカバカ!
こうやって永遠に在庫を増やし続けるのです。

今回もバッグを編むつもりで糸を買いました。
バッグはまだ未完成ですが、大まかな形になり、
とにかく糸を残さない!というテーマのもと
残り糸で何ができるか考えました。

c0240112_17390747.jpeg

つな結びの巾着2色です。
これは、浴衣を着た時に持ってもらうと
カワイイと思います。
ところで「つな結び」とは、、、

c0240112_17383652.jpeg

こういう結びです。
前回のコペルタもこれを大きくしました。
今回はコルクボードを使用しています。

c0240112_16570559.jpeg

ボードの縁にマチ針を打ちまくり、
ヒモをかけていきます。

c0240112_16580871.jpeg

ピンセットにヒモを引っ掛けて上下すると
上手くヒモを通せます。

c0240112_16591415.jpeg

ここまできたら板からはずして、
両脇をかぎ針でとじます。
口の部分には取っ手用のヒモを通して完成です。

c0240112_17022153.jpeg

プレゼントの時、ラッピングがわりに
使うといいかも。
とにかく残り物を出さないための工夫でした。
次回は、メインのバッグをアップできるよう
頑張りま〜す。

# by fukka50 | 2019-04-25 16:43 | 手芸 | Comments(0)

つな結びのコペルタ

暖かくなってきたなぁと思ったら、また寒い。
サクラの時期は仕方ないですね。
さて海外から帰国した人からもらった毛糸で、
コペルタ(ひざ掛けなどの布)を作りました。
サイズは60×60cm。

c0240112_18263531.jpeg

この毛糸は極太で直径5cmあります。
最初はどうも中央アジアの牧羊している国で
生産されていたようですが、
現在は通販サイトが開設されています。

c0240112_19391349.jpeg

これは純毛ですが、アクリル製もあるそうです。
「つな結び」は「髪飾り結び」の仲間。
髪飾り結びは長方形ですが、
つな結びは限りなく正方形に近い形になります。

c0240112_18322786.jpeg

この写真を見せられたときから、欲しい欲しい!と
言い続け、ついにうちにやって来てくれました。
これはシングルサイズ毛布。カワイイですよね。
編み針を使わず、手だけで編んでいるそうです。

でもね太いということは結ぶのも大変でした。
1cmたりともムダにすまい!と引きしめたら、
1人綱引き・・・今日は筋肉痛でカラダが痛い。
でも敷いてもひざに置いてもあったかさバツグン。

これは<東京 材料 ストーリー>の番外編!?
極太毛糸販売サイトのURLを、機械編みをする知人から
教わりました。一応ご参考まで。
香港のお店らしく英語ですが、がんばってね👍

c0240112_19161970.jpeg


# by fukka50 | 2019-03-29 18:22 | 手芸 | Comments(0)